気になる!婚約指輪の相場

給料の三ヶ月分、というのは古い話?

婚約指輪は、男性から女性に、これからの長い人生と愛を証明する気持ちを込めた大切な一品です。結婚後も長いあいだ身につけていく場合もありますので、相手の女性に気に入られるものを選びたいところですよね。プロポーズは基本的に一生に一度のもの、婚約指輪はお互いの思い出に強く刻まれる重要な贈り物です。
そこで今回は、気になる結婚指輪の相場をご紹介いたします。
一昔前は「給料の三ヶ月分」というフレーズがよく使われていましたが、現在、実際にはどれくらいの価格帯の婚約指輪が多くプレゼントされているかご存知でしょうか。プロポーズも一度きりですが、婚約指輪を選ぶのも同じくたった一度のことで、分からないことも多いですよね。

平均購入価格は「給料の1ヶ月分」

婚約指輪の全体の平均購入価格は、約36万円です。「給料の三ヶ月分」はもう古い時代のことで、現在は給料の1ヶ月分の価格の指輪をプレゼントされる方が多いです。
おふたりの年齢やご収入によって結婚指輪の選択は変わってくるので、この価格帯でなければいけないということはありません。宝石の種類による違いや、大きさやグレードでも価格は変わります。ですが、はじめてのことでなかなか相場も分からず、安すぎたり高すぎたりするものを買ってしまう場合もあります。
今回ご紹介した相場をひとまず頭の隅の方に置いておいて、お互いの関係に見合った婚約指輪を選定しましょう。相場を知っていると、宝石ショップなどにいったときにも、店員さんと対等に相談することができますよ。

結婚指輪とは、結婚式で二人の結婚の証しとして交わされるペアリングです。結婚後、お互いが日常生活で常時身に付けますので、シンプルなものが選ばれます。

© Copyright Good Timing For You. All Rights Reserved.