意外と知らない!?婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

婚約指輪はハレ、結婚指輪は日常

普段アクセサリーをあまりしない男性にとっては、女性の「指輪へのあこがれ」についてあまりピンと来ない方が多いのではないでしょうか。 婚約指輪は本来、結納金(結婚に伴う女性の持参金)の変わりに広まったものですので、資産的な価値が重視されてきました。とはいえ今は女性も職を持っている人が多く、婚約指輪=資産という考え方は薄まりつつあります。 一方で結婚指輪は二人の結びつきを表すもので、周囲に対して結婚しているということを表す役割も持っています。 「それでは、婚約指輪はいつ付けるの?」と思われるかもしれませんが、結婚を申し込まれた時に頂くプレゼントでなおかつ一生取っておくことができるものは、やはり他にはないと思います。一般的には他の方の結婚式に出席する際につけたり、また旦那様とのデートにはお散歩程度でも必ず身につけるという女性もいるので、どちらも慎重に選んだ方が良いでしょう。

婚約指輪は相手の要望に沿って、結婚指輪は二人で相談して

婚約指輪は女性のみが身につけ、結婚指輪は通常はお揃いのものを夫婦で身につけます。 特にプロポーズをサプライズで行いたいという場合は、婚約指輪を男性の方で選んで…と考える方もいるでしょう。その場合注意した方が良いのは、相手の方はどんなデザインを好きか、あるいは特に好きなブランドはあるか把握することです。二人の気持ちにすれ違いがないよう、なるべく事前にお相手の本音を確認するか、プロポーズの際には花束など別のものを渡し、後日お相手の要望に沿ったものを選ぶのが良いでしょう。 結婚指輪については男性が身につけるものでもあるので、二人の結婚指輪に対する考え(常に身につけるのか、休日やイベント時のみ身につけるのか)や、デザインの好みをすりあわせて選ぶのが良いと思います。意見がぶつかることもあるかもしれませんが、これからの長い結婚生活の最初の試練だと思って、徹底的に議論してみてはいかがでしょうか。

有名ブランド店が沢山軒を連ねている点からも、結婚指輪を銀座で買う事は1つのステイタスでもあり、一生の記念にもなります。

© Copyright Good Timing For You. All Rights Reserved.