どんなシチュレーションがいいの?婚約指輪の渡し方

シチュエーションは演出のひとつとして重要

婚約指輪を渡す時には演出としてシチュエーションを考えると言う事は非常に重要になっていて、例えば思い出の場所で当時の事を振り返りながら渡せば記憶がよみがえって感慨深いプロポーズになりますし、夜景の見えるレストランでケーキやシャンパンとともに渡せばロマンティックなムードを演出する事が出来ます。
さらに周囲に人がいる状態なのか2人きりの状態なのかと言う部分も重要になっていて、友人たちに囲まれながら渡すことによって一気に祝福ムードに持ち込んでみるというのもおすすめされていますし、2人きりで雰囲気を楽しみながら婚約指輪とともにプロポーズをすれば2人だけの思い出としてロマンティックな演出をする事が出来るようになっています。

彼女の性格なども踏まえて

このように色々なシチュエーションを踏まえて婚約指輪を渡す事ができるのですが、ここでまず考えなければいけないのが受け取る側の彼女の性格や希望がどのようなものなのかと言うところを踏まえることです。
彼女にとっては一度きりのプロポーズや婚約指輪を渡してもらえるチャンスなので、それなりの理想や希望を持っているということがあります。なかった場合でも彼女の性格を踏まえて「こういうシチュエーションは嫌がるかもしれない」、「こういう渡し方が喜んでくれるかもしれない」というある程度の予想は立てることができます。
そのため自分がどう手渡すのかと言う部分以上に、彼女がどうすれば喜んでくれるのか・プロポーズを受けてくれるのかという部分を重視してシチュエーションを検討する事が大切になっています。

結婚指輪を千葉で購入することによって、真心がこもったサービスを受けることができます。わからないことや疑問を気軽に質問できます。

© Copyright Good Timing For You. All Rights Reserved.